Home > Archives > 2010-10 Archive

2010-10 Archive

老化防止のサプリメント

活性酸素が老化の原因ということは、活性酸素を除去したり参加を防止する働きのあるサプリが、老化防止には効果的ということですよね。
たとえば「老化防止.COM」によれば、「ビタミンEは、抗酸化作用があり“若返り・老化防止ビタミン”とも呼ばれる脂溶性ビタミン」とのこと。
「ビタミンEは体内の酸化作用で作られてしまった活性酸素を分解し、身体のサビともいえる過酸化脂質ができないように」してくれるそうです。
「成人女性の一日に必要なビタミンEの摂取量は8gほど」だそうなので、「サプリメントをうまく使えば、難なくこの量はクリアできます」よね。
またナッツ類、豆類、野菜、魚など、ビタミンEを多く含む食材をうまく取り入れて、食事からもできるだけ摂れるようにしたいですね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

DCワクチン療法のメリットと方法

「ガンを克服する免疫療法のすべて」によれば、「CTL療法などの活性化させたリンパ球を身体に戻す方法では、リンパ球が戦うことで消耗してしまえば新たに活性化させたリンパ球をその都度投入していかなければなりませんが、DCワクチン療法の場合はその戦うリンパ球を樹状細胞が育成してくれるので長く効果が持続」するとのことです。
「DCワクチン療法の方法は2通り」で、「ひとつは自己癌抽出抗原提示樹状細胞療法(TP-DC)と呼ばれるやり方」。「これは患者が元々持っているガン抗原(自己ガン抽出抗原)を使って樹状細胞に覚えさせる方法で、手術などによってガン細胞を切除したらそこから溶液を精製して、樹状細胞に与えます」。
「もう一つは人工抗原提示樹状細胞ワクチン療法(PP-DC)」で、「その名の通り“人工抗原”を使って樹状細胞に覚えさせます」。ただし「人工抗原は適用できるガンのケースがまだまだ少なく、一部のガンにしか使え」ないとのことです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

イミダペプチドの効果

渡辺恭良・大阪市立大大学院医学研究科教授へのインタビュー記事によれば、イミダペプチドは「カルノシンとアンセリンという二つのアミノ酸結合体の総称。人の体にも存在するが、渡り鳥やマグロ、カツオなど、長時間連続した運動を必要とする生物の骨格筋中に多く含まれる」そうです。
「“イミダペプチド”の抗疲労効果は、臨床実験でも明らかで、日頃から疲労を自覚している207人を対象にした実験でも、イミダペプチド200mgを毎日摂取した群では、プラセボ群よりも疲労感が軽減され、このほか、酸化ストレスの上昇を抑制し、自律神経機能の乱れを調整する作用も確認された」そうです。
「激しい運動後の疲労だけでなく、日常生活で感じる疲労軽減にも効果があるという」ことなので、疲労感にお悩みの方は、市販のイミダペプチド入りドリンクなどを試してみてはいかがでしょうか。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2010-10 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top