Home > ブレスクラブ > DCワクチン療法のメリットと方法

DCワクチン療法のメリットと方法

「ガンを克服する免疫療法のすべて」によれば、「CTL療法などの活性化させたリンパ球を身体に戻す方法では、リンパ球が戦うことで消耗してしまえば新たに活性化させたリンパ球をその都度投入していかなければなりませんが、DCワクチン療法の場合はその戦うリンパ球を樹状細胞が育成してくれるので長く効果が持続」するとのことです。
「DCワクチン療法の方法は2通り」で、「ひとつは自己癌抽出抗原提示樹状細胞療法(TP-DC)と呼ばれるやり方」。「これは患者が元々持っているガン抗原(自己ガン抽出抗原)を使って樹状細胞に覚えさせる方法で、手術などによってガン細胞を切除したらそこから溶液を精製して、樹状細胞に与えます」。
「もう一つは人工抗原提示樹状細胞ワクチン療法(PP-DC)」で、「その名の通り“人工抗原”を使って樹状細胞に覚えさせます」。ただし「人工抗原は適用できるガンのケースがまだまだ少なく、一部のガンにしか使え」ないとのことです。

Home > ブレスクラブ > DCワクチン療法のメリットと方法

Search
Feeds
Meta

Return to page top